一つ余った

一つ余った(ひとつあまった)とは、もともといくつかあったものが、たった一つだけが余ってしまった状態のことである。その余ったものが、誰しもが欲するものであった時、そこに、その一つを巡っての争いが生じてしまうのだ。しかし、その余ってしまったものが、絶対に余るはずのないものであった場合、どこかで鍵を掛け違えたということなのである。


一つ余ったと関連するボケの一覧 1ページ目を表示しています




おすすめのボケを毎日お届け
ページのトップへ戻る