静かな湖畔の森の影から

静かな湖畔の森の影から(しずかなこはんのもりのかげから)とは、日本の童謡の一種である。そして日本の代表的な輪唱曲の一つでもある。このタイトルをそのままに、一人目が口ずさみ、二人目が口ずさみ、三人目が口ずさみ…と、無限のループが可能となる。そこから脱出をするには簡単ではない。ここにその輪廻に巻き込まれてしまった者たちの姿が描かれている。


静かな湖畔の森の影からと関連するボケの一覧 1ページ目を表示しています




おすすめのボケを毎日お届け
ページのトップへ戻る